DreamHack Summer Epsilon vs HellRaisers

もったいない戦争を展開しながらも破れたepsilonと、GODSENTにプランで完封されたhellraisersとの応戦。両仲間の物語を見る限りは必死の突き当たり合いと至るだろう。とりわけ前部戦で除け者にされたと当てはまるoskarはうっぷんを晴らす場所となりそうです。

Epsilonはきのう至極外敵力を生かす応戦を繰り広げていたのでhellraisersも油断はできない。Epsilonの分の強さをどうしていなすかがHellRaisersのレースのキーに罹るだろう。
HellRaisersにとって至高速い方がAWPでのロングレンジでキルする事になるので、どうしてもoskarの活動が単に勝ち負けを握る事になる。

テーマ選手はEpsilonはdisco doplan、HellRaisersはoskar。
disco doplanは前回の戦争では武器を問わずかなりのビンゴ率でNiPを苦しめていた。こういう戦争でも活躍するならばHellRaisersは手こずるだろう。

軽自動車で今は普通に200万円しますよね

昔は軽自動車の印象というと一番はやっぱり安さですよね。それと同時に保管費も安く済ませられます。こういう金銭的な恵みが軽自動車でしたが、今の時代の恵みってそうではないですよね。自動車税、目方税こそ依然日頃乗用車より凄く安いですが、自身料金は日頃モデルより厳しいぐらいだ。ニューモデルだと普通に込みで200万円しますから。ユーズドカーでも人気車となると200万円かかってしまいますね。昔より、ぐっすり走るし働きも沢山ありますし、軽のくらいさを感じませんからね。リサイクル車屋の提示モデルを見ていると軽自動車が180万円ですとか200万円くらいて、その横に、中型自動車なんかが2ケタで売られている眺めが普通ですからね。ベンツやレクサスなんかのハイクオリティモデルのリサイクルで200万位のと同じですから、笑ってしまうよね。こういう軽自動車の注目は素晴らしいですね。走ればいいんだですとか、模型も今は格好いいですから、注目がでますよ。以前だったら軽自動車なんてニューモデルでも100万ふと、リサイクルだと2ケタでしたから。時世ですね。