昔に見た気がかり番組はちゃんとトラウマ度合で怖かった

大人になったせいか、怖い心霊プログラムや、不可解映像を見ても物凄くなくなりました。どんな心霊映像でも、「どうみてもCGじゃん!」とがっかりするくらいだ。昔からそういったプログラムが好きで厳しく見ていたのですが、昔に見たものはトラウマ規準で怖かった記憶があります。プログラムを見た後は、便所やおバスにも行けなくなるのになぜか見たくなるんですよね。昔なので、ただたんになんでも物凄く感じただけかもしれませんが、昔のプログラムは妙にリアルで真実味があるように見えました。

たとえば、心霊撮影が写った要望メインとともに、霊の怨念の課題や、除霊したりと近頃見ると疑わしいような用件だったと思うのですが、プログラムが出し込まれていて本当にウキウキしたものです。今のプログラムは仰天や、笑顔も取り混ぜられていて、赤ん坊にも見やすい内容のものが多いので、家族で楽しめますが、あたしは心底恐れするような恐いプログラムをまたしてくれないかなぁ〜と期待をしています。