今年もまた、陽気な機会がやってきました。

窓を開ける状況がやってくると思い起こします。
あぁ、またこの季節がやってきたかと。
お向かいの見解。ご恋人、奥様、お嬢さん。
今朝もお嬢さんの見解が聞こえてきました。

マミーぁ〜、マミーぁ〜、うぇ〜ん!!
普段の身なりは徹頭徹尾お姉さんになっているお向かいのお嬢さんも高校だ。
そういうお嬢さんのお子さんかと思うような泣き声。
週末には決まってご恋人の怒鳴り見解。
お〜い!何やってるんだ。ぱっと済ませろ!!
奥様の悲鳴。
わかってる!今やってるでしょ!?
言い争いが続きます。

これは馴染み肉親のただの普段音声だ。
もうすぐ家族で立ち寄るんでしょうか。
三ヒト一緒に民家の整備をやる身なりが聞こえてくることもあります。
民家の先端から先端に向かって話しているのでしょうか。
でもね。聞いているここがハラハラしてしまうんです。
奥様、お嬢さんの淑女の見解はまだいいんです。
ご恋人の迫力ある怒鳴り見解が聞こえてくると元気が滅入ってしまうんです。

あんまり住居も寂しげではありません。
小児を叱ったり、泣いたりの見解も外部まで聞こえていると思います。
でも、お向かいとは容積と言うかすさまじさが違うんです。
単なる日常のシチュエーションだってわかってはいるんです。
わかってはいるんですが、そぉっと窓を閉める太陽がまたやってきました。